オラワク倶楽部(何が好きか何が嫌いかで自分を語るブログ)

34歳無職素人童貞発達障害元風俗店員ナマポ受給借金ありのオナニストが価値観や日常、下ネタを適当に語っていきます!!好きなもの→サッカー、料理、ドラゴンボール、マンコ。嫌い→野球、ワンピース、料理できない男、レズビアン(笑)。

不定期更新:生田絵梨花通信3月版本編

f:id:ben-blender:20220321144229j:image

 

f:id:ben-blender:20220321143110j:image

なぁちゃん、あるのぉ、いこまちゃん、よしおぉ〜〜ふぉれ(俺)のチソチソしゃぶって🍄💋くれよーん❤️💦

※日本バカデミー省受賞おめでとう(笑)


で、お馴染み乃木坂46秋元康と西野◯瀬が嫌いな生田絵梨花ファン及び生田絵梨花オタクのおにぎり🍙です。


さて、生田絵梨花の現状とこれからを書いていきます!!

1月1日から所属の太田プロに移ってから、生田絵梨花は以前にも増して飛ぶ鳥を落とす勢いで突き進んでいる。


まず1月からの流れを見てみよう。

1月14日にコンフィデンスマンJP英雄編が公開。

1月22日、その宣伝をするためYouTubeで日本最大手のHIKAKIN TVに長澤まさみと出演。

f:id:ben-blender:20220321144549j:image


1月、参天製薬の洗眼薬のCMに出演

ウェルウォッシュアイ® ブランドサイト | Santen


2月、高級アパレルブランドApuweiser-richeの春コレクションのモデルに抜擢。

Apuweiser-riche(アプワイザー・リッシェ)

生田絵梨花の公式ホームページを開設

生田絵梨花 OFFICIAL SITE

f:id:ben-blender:20220321144721j:image

 

3月10日、「ゴシップ※彼女が知りたい本当の〇〇」に出演。

3月17日の最終回にも出演。

最終章のゴシップネタのキーマンとなる女子大生役を演じる。

ゴシップ #彼女が知りたい本当の○○ | ニュース - フジテレビ


同じ時期に4月から新番組としてNHKで始まる「Venue101」にかまいたち濱家と共に番組MCになることが発表される。

Venue101 MC決定! | NHK MUSIC|NHKブログ


ミュージックフェアの2900回記念コンサートに出演。全4回の中で3回に出演して歌を披露。

MUSIC FAIR - フジテレビ


その他細かい情報、宣伝で「世界仰天ニュース」、「激レアさんを連れてきた」、「千鳥のクセがスゴいネタGP」、「ネタパレ」などに出演。

映像作品としてはWOWOWオリジナルドラマの「松尾スズキと30分の女優2」に出演。

松尾スズキと30分の女優2 | オリジナルドラマ | ドラマ | WOWOW


たかがミュージカルの番宣ごときでこんなにも多くのバラエティ番組に出演出来るのはやはり太田プロの手腕によるものが大きいと思う。


改めてまとめると

・日本一のYouTuberとの共演

・自身初の単体CM

・高級アパレルブランドモデル

・ドラマにゲスト出演(最終回)

・乃木坂時代含めての初MC

・ミュージカルの宣伝の為の複数のバラエティ出演

ミュージックフェアの2900回記念コンサートに出演

・それに加え、乃木坂時代(去年)から撮影していたコンフィデンスマンJPが公開し大ヒット。


たった3ヶ月で映画、ドラマ、CM、モデル、YouTube、バラエティ、歌番組と多数のジャンル、分野で爪痕を残した。


元AKB組など、女優部門に関しては軒並みアラサータレントしかいない太田プロからしてみれば「その分」彼女に仕事を全集中して取ってくることが出来るのかもしれない。


もし仮に乃木坂合同会社に所属していた場合に同じような仕事量になっていたか・・と考えると、半年も経たずしてこの仕事量を取ってくることは出来なかったと思う。


太田プロの営業が売り込んだのか勝手にオファーが来たのかは分からないが)CM、MC、アパレルブランドのモデルなどは乃木坂時代含めてのも初めてであるという所にやはり太田プロの「力」というものを感じる。


あと生田絵梨花を評価して相性がいいテレビ局というのが(現時点では)やはり、圧倒的にフジテレビなんだなあというのが窺い知れる。

f:id:ben-blender:20220321144801j:image

f:id:ben-blender:20220321145030j:image

f:id:ben-blender:20220321145114j:image

 


生田絵梨花ファンとしては今後も映像分野中心での活躍を期待したい。

 


※とりあえず【生田絵梨花通信】に関してはここまで・・次回「乃木坂を含めた」生田絵梨花について・・を書いていきます。