オラワク倶楽部(何が好きか何が嫌いかで自分を語るブログ)

34歳無職素人童貞発達障害元風俗店員ナマポ受給借金ありのオナニストが価値観や日常、下ネタを適当に語っていきます!!   好きなもの→サッカー、料理、ドラゴンボール、マンコ。  嫌い→野球、ワンピース、料理できない男、レズビアン(笑)。

カタールワールドカップ各大陸予選を振り返る。Part1


こんにちは、おにぎり🍙です。

 


今回はまもなく大詰めを迎えるカタールワールドカップの大陸予選を振り返り&復習をしたいと思います。

 


以下参照サイト

トップページ

 

まず、各大陸予選の出場枠から

 


ヨーロッパ13

アジア4.5

アフリカ5

南米4.5

北中米カリブ3.5

オセアニア0.5

開催国(カタール)1

 


合計32ヶ国

 

 

 

そして、出場確定国を記載していきます!

※とある事情で北中米カリブ予選に関しては確認しておりません。

その為、上記(北中米カリブ)の国々に関しては後ほど現状も含めて解説をさせて頂きます。

 


まずは、ヨーロッパ予選。

 


55チームが参加して10チームがワールドカップへストレートイン。

出場が決まった10チームは以下の通り。

セルビア🇷🇸

スペイン🇪🇸

スイス🇨🇭

フランス🇫🇷

ベルギー🇧🇪

デンマーク🇩🇰

オランダ🇳🇱

クロアチア🇭🇷

イングランド🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿

ドイツ🇩🇪

 


各グループの2位+@の2チームが3つのトーナメントに分かれて一発勝負。


その結果分かれたのが


パスAスコットランドウクライナウェールズオーストリア

パスBロシア、ポーランドスウェーデンチェコ

パスCイタリア、北マケドニアポルトガル、トルコ

 


という組み合わせになった。

 


いや、しかし・・イタリアとポルトガルが同じトーナメントで潰し合いをしなければいけないのはサッカーファンとしては残念。

でも、ワールドカップの宿命として少なからず有力チームが予選落ちするのは仕方のないこと。

 


次はアジア予選・・

 


全46チームが参加して4チームがストレートイン、グループAと Bの3位同士が一発勝負をして勝ったチームが大陸間プレーオフに進出。

※【大陸間プレーオフ

アジア、オセアニア、北中米カリブ、南米の該当国が2チームずつに分かれ一発勝負、勝ったチームが本戦出場権獲得。

 


現在、最終予選(3次予選)中だがグループAは既にイラン🇮🇷、韓国🇰🇷が残り2試合を残しながらストレートインを決めている。

日本のいるグループBは上位3チームが混戦気味。残り2戦を残した状態でサウジアラビア、日本、オーストラリアが勝ち点4差の中でひしめいている。

 


純粋なサッカーファンとして、日本は勿論、アジア全体でもワールドカップで見たいという国はあまりない。

 


前述した通り、ポルトガルかイタリアのどちらかは見れないわけだから、そこを考えたらアジアなんか出場枠なんか無くてもいいだろう(笑)と。

 

 

 

そんなグループBですが、毎大会大敗するイメージのある「アジアの恥晒し」サウジアラビア

ハリー・キューウェルマーク・ビドゥカティム・ケーヒルの時代はどこへやら、今やスター選手不在のオーストラリア。

の2チームと出場権を争っている。

 

 

日本も久保建英南野拓実、古橋キョーゴー、カマタダイチなど欧州で名を馳せる勢いのあるプレーヤーが多い(笑)けど、ワールドカップで絶対に見たいかと言われたら別に見なくても大丈夫!!

 


それは「サッカーファン」なら満場一致の意見にはなると思う。

でも、純粋な戦力値でサウジアラビアやオーストラリアを下回ってはいないので、その2チームよりかは日本が見たいというのが今の心境であります。

 


日本人は馬鹿だから日本が出場できなかったら、日本はサッカーが弱いと思い始めサッカー人気の低下にもなるから今回は普通に出場し

てほしいとは思う。

毎回、サッカーのサの字も分からないニワカ丸出しのお猿🐒さんが渋谷に出現するのは癪に触るけど(笑)。

 


次、アフリカ。

 


全54チームが参加して出場枠は5。

現在は三次予選(最終予選)を残すのみ。

既に10チームに絞られ、2チームづつがホーム&アウェー方式で戦い勝利したチームが出場権獲得。

組み合わせは

エジプト🇪🇬orセネガル🇸🇳

カメルーン🇨🇲orアルジェリア🇩🇿

ガーナ🇬🇭orナイジェリア🇳🇬

コンゴ民主共和国orモロッコ🇲🇦

マリ🇲🇱orチュニジア🇹🇳

 


個人的な願望では

セネガル🇸🇳、カメルーン🇨🇲、ナイジェリア🇳🇬、モロッコ🇲🇦、マリ🇲🇱

になります。

 


アフリカ予選に関してはコートジボワールが予選敗退したことを除けば、例年よりも順当に勝ち上がってきた印象が強い。

 


当然ながらヨーロッパサッカーもアフリカ出身の選手は増えており、今後本戦でも躍進が期待できるチームの絶対数は確実に増えていくと思う。

 


次は南米。

 


出場枠は4.5でストレートインが4つ。5位のチームは前述した大陸間プレーオフに進出。

 


残り2試合を残すのみで、最終戦を待たずしてブラジル🇧🇷、アルゼンチン🇦🇷の出場が決定している。

 


残りの2.5枠だがその枠を(上位から順に)エクアドルウルグアイ、ペルー、チリ、コロンビア、ボリビアの6ヶ国が争う状況。

しかしエクアドルは勝ち点25、ボリビアは勝ち点15で、敗退、出場の可能性が共にあるとはいえ、(エクアドルはほぼ出場、ボリビアはほぼ敗退かっ)確定とみていいでしょう。

4位、5位の争いですが

ウルグアイ、ペルー、チリ、コロンビアが勝ち点5の中でひしめき合っている状況です。

5位になっても当たるのは北中米カリブの4位、アジアの実質5位、オセアニアの1位(恐らくニュージーランド)ということを考えればなんとしてでも5位以内は死守したいところでしょう。

 


個人的にはウルグアイ🇺🇾とコロンビア🇨🇴に期待しています。

 


北中米カリブの前にオセアニアをサラッといきます。

 


全11チームが参加して出場枠は0.5。

2次予選では4チームがトーナメントで一発勝負をして優勝したチームが大陸間プレーオフ出場。

 


でも順当にいけばニュージーランド🇳🇿になると思う。

 

 

 

そんなこんなでまとめると

出場確定チームは以下。

 


セルビア🇷🇸

スペイン🇪🇸

スイス🇨🇭

フランス🇫🇷

ベルギー🇧🇪

デンマーク🇩🇰

オランダ🇳🇱

クロアチア🇭🇷

イングランド🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿

ドイツ🇩🇪

韓国🇰🇷

イラン🇮🇷

ブラジル🇧🇷

アルゼンチン🇦🇷

 


ヨーロッパの残り3枠、アフリカの5枠に関しては予想ができないくらい実力差がありません。

ですが、なんとなく以下のようになるととりあえず仮定した上で出場国を並べていきます。

※個人的な願望は抜きにして、あまり理想的でないパターンであえて予想。

 


オーストリア🇦🇹

ポーランド🇵🇱

トルコ🇹🇷

エジプト🇪🇬

アルジェリア🇩🇿

ガーナ🇬🇭

ロッコ🇲🇦

チュニジア🇹🇳

エクアドル🇪🇨

ウルグアイ🇺🇾

日本🇯🇵

サウジアラビア🇸🇦

メキシコ🇲🇽

コスタリカ🇨🇷

カナダ🇨🇦

 


⭐️プレーオフ⭐️

オーストラリア🇦🇺×ニュージーランド🇳🇿=🇦🇺

アメリカ🇺🇸×コロンビア🇨🇴=🇨🇴

 


最悪のシナリオとして・・

アフリカネイションズカップで優勝したアフリカ随一のタレント軍団、セネガルが出場を逃す。

ヨーロッパ選手権(ユーロ2020)優勝のイタリア、クリロナ擁するポルトガルが出場を逃す。

アメリカはなんとかプレーオフに進出するが難敵コロンビアと当たり最後の最後で2大会連続で出場を逃す失態。

 


※こんなことを書いているが北中米カリブ海の予選状況に関してはほとんど分かっていない。

 


とりあえずワールドカップ予選(北中米カリブ以外)について予想出来るのは以上になります。

 

 

次の記事にて北中米カリブ海予選について、私の心境を語っていきます!!